アフターピルといえばナイピル

ナイピルの飲み方について説明します。

ナイピルの飲み方について

ナイピルを使用した避妊を行う際には、注意をしなければいけないことがあります。

それは飲み方に対しての注意です。アフターピルというのは正しい方法で服用する事によって、初めて優れた避妊効果が得られる医薬品です。

したがって、アフターピルを服用する際には正しい服用方法について知った上で服用する必要があります。

また、服用時には注意をしなければいけないこともあり、その点に対して気が付かないままに服用してしまった場合、避妊効果が弱まるなどの問題が発生する場合があります。

したがって、ナイピルを使用する際には正しいナイピルの飲み方と言うものについて知った上で使用するようにしましょう。

ナイピルは性行為後に服用

ナイピルを使用した避妊を行う際には、注意をしなければいけないことがあります。

それは飲み方に対しての注意です。アフターピルというのは正しい方法で服用する事によって、初めて優れた避妊効果が得られる医薬品です。

したがって、アフターピルを服用する際には正しい服用方法について知った上で服用する必要があります。

また、服用時には注意をしなければいけないこともあり、その点に対して気が付かないままに服用してしまった場合、避妊効果が弱まるなどの問題が発生する場合があります。

したがって、ナイピルを使用する際には正しいナイピルの飲み方と言うものについて知った上で使用するようにしましょう。

早ければ早いほど避妊効果が高くなる

ナイピルの飲み方として知っておくべきこと、2つ目は服用するタイミングについてです。

ナイピルなどのアフターピルというのは、避妊に失敗してから72時間以内に服用する事によって、避妊効果を発揮します。

しかし72時間というのは最低でもここまでに服用するようにしましょう、という最低限の注意であり、実際には避妊に失敗してから服用までの時間が早ければ早いほどに避妊成功率は高くなります。

具体的な数値としては、避妊失敗から24時間以内であれば99%から98%、24時間以上48時間以内であれば98%から97%での避妊が可能となります。

したがって、アフターピルを服用するのであれば72時間あるから遅くても大丈夫とは思わず、服用できるのであれば可能な限り早く服用するようにしましょう。

もし嘔吐してしまったら?

ナイピルを服用する際に注意をしなければいけないことに、副作用による嘔吐があります。

嘔吐の症状というのはナイピルを服用した際に比較的発生しやすい副作用の1つなのですが、この症状に関しては少々注意が必要となります。

まずアフターピルというのは服用後2時間から3時間ほどかけて身体に成分が吸収されていきます。服用してから2時間から3時間ほどの間に嘔吐してしまった場合、避妊に十分な量のアフターピルが吸収されていない可能性があるのです。

服用後2~3時間以内に嘔吐してしまった場合、一度アフターピルを処方してもらった診療科を受診し、再服用を行うべきかを聞いた上で、必要なのであれば再度服用を行うようにしましょう。

妊娠している可能性がある場合は服用しない

最後にアフターピルを服用する際に注意をすべきこととして「既に妊娠している可能性があるのなら服用しない」という注意点があります。妊娠中の身体というのは女性ホルモンの分泌量が平常時と比べて非常に多くなっています。

その状態でアフターピルを服用した場合、ホルモン量が過剰に増加してしまい、悪影響が発生する恐れがあります。

そして既に妊娠している場合、再度受精卵が着床し妊娠するということも無いため、服用しても意味はありません。

また、子宮内の胎児と母体は繋がっているため、アフターピルを服用し女性ホルモンが過剰に存在する状態となってしまうと、胎児の身体に生殖器の異常などが発生してしまう恐れがあります。妊娠している可能性が既にある場合はアフターピルを使用しないように気をつけましょう。

ナイピルが服用できない人

ナイピルには服用自体が禁忌となっている人が存在しています。初めにナイピルの成分に対して過敏症を発症している人です。ナイピルは有効成分として「レボノルゲストレル」という成分が使用されています。

この成分に対して過敏症を発症したことがある人は無いピルの服用が禁忌となります。

次に重度の肝障害を発症している人です。

肝障害を発症すると医薬品の代謝機能が低下するため、ナイピルの服用により症状の悪化を引き起こす恐れがあります。

最後に妊婦です。

妊婦が服用した場合、胎児の身体に対して影響を及ぼす、ホルモンバランスの大幅な乱れが発生する事によって体調を崩す恐れがあるので、注意をする必要があります。